虎門中央法律事務所

Publications執筆

当事務所では、各弁護士による執筆活動はもちろんのこと、これまで当事務所が取り組んできた事件処理の経験や実務ノウハウを生かし、下記のとおり当事務所編著による執筆活動を活発に行っております。

金融機関による反社会的勢力対応のこれから
担当
荒井隆男弁護士
雑誌
銀行法務21 892号(経済法令研究会)
出版年
2022年
「強行法規」と「任意法規」の判別における基本的な考え方
担当
山本一生弁護士
雑誌
ビジネス法務22巻12号(中央経済社)
出版年
2022年
所有者不明土地の解消に向けた民法等のルールの見直し
担当
臺庸子弁護士
雑誌
商工ジャーナル570号(商工中金経済研究所)
出版年
2022年
金融機関のAML/CFT対応と反社会的勢力対策-急務のマネロン等対策・口座開設支援を巡る課題と実務対応-
担当
荒井隆男弁護士(共著)
雑誌
銀行法務21 889号(経済法令研究会)
出版年
2022年
法制委員会連載 親子法改正要綱の解説 第4回嫡出否認制度の見直し
担当
雨宮さやか弁護士
雑誌
LIBRA22巻9号(東京弁護士会)
出版年
2022年
インターネット上の誹謗中傷への対応ー削除要求、発信者情報開示ー
担当
浜本匠弁護士
雑誌
商工ジャーナル567号(商工中金経済研究所)
出版年
2022年
支店長のための労務管理講座 <第100回・完> 職場におけるコロナワクチンへの対応
担当
安斎業陽弁護士
雑誌
金融法務事情2181号(金融財政事情研究会)
出版年
2022年
支店長のための労務管理講座 <第99回> 在籍出向者の労務管理
担当
湯川信吾弁護士
雑誌
金融法務事情2179号(金融財政事情研究会)
出版年
2022年
支店長のための労務管理講座 <第98回> テレワークガイドラインの改定を踏まえた労務管理
担当
渡部政弁護士
雑誌
金融法務事情2177号(金融財政事情研究会)
出版年
2022年