虎門中央法律事務所

Publications執筆

当事務所では、各弁護士による執筆活動はもちろんのこと、これまで当事務所が取り組んできた事件処理の経験や実務ノウハウを生かし、下記のとおり当事務所編著による執筆活動を活発に行っております。

支店長のための労務管理講座 <第25回> マタニティー・ハラスメント
担当
臺庸子弁護士
雑誌
金融法務事情2007号(金融財政事情研究会)
出版年
2014年
支店長のための労務管理講座 <第24回> 不当労働行為と労働委員会
担当
正田賢司弁護士
雑誌
金融法務事情2005号(金融財政事情研究会)
出版年
2014年
支店長のための労務管理講座 <第23回> 解雇
担当
小倉慎一弁護士
雑誌
金融法務事情2003号(金融財政事情研究会)
出版年
2014年
支店長のための労務管理講座 <第22回> 復職したメンタルヘルス不調者の不調再発への対応
担当
荒井隆男弁護士
雑誌
金融法務事情1999号(金融財政事情研究会)
出版年
2014年
支店長のための労務管理講座 <第21回> パートタイム労働者の雇用改善
担当
山本一生弁護士
雑誌
金融法務事情1997号(金融財政事情研究会)
出版年
2014年
支店長のための労務管理講座 <第20回> 男女雇用機会均等法施行規則の改正
担当
山根航太弁護士
雑誌
金融法務事情1995号(金融財政事情研究会)
出版年
2014年
支店長のための労務管理講座 <第19回> 年次有給休暇と時季変更権
担当
有賀隆之弁護士
雑誌
金融法務事情1993号(金融財政事情研究会)
出版年
2014年
支店長のための労務管理講座 <第18回> 派遣労働者が加入する労働組合からの団交要求
担当
浜本匠弁護士
雑誌
金融法務事情1991号(金融財政事情研究会)
出版年
2014年
支店長のための労務管理講座 <第17回> 退職勧奨
担当
山本一生弁護士
雑誌
金融法務事情1989号(金融財政事情研究会)
出版年
2014年
支店長のための労務管理講座 <第16回> 残業の管理-介護を理由とする残業拒否等-
担当
臺庸子弁護士
雑誌
金融法務事情1987号(金融財政事情研究会)
出版年
2014年
支店長のための労務管理講座 <第15回> 従業員が刑事事件を起こした場合の対応
担当
正田賢司弁護士
雑誌
金融法務事情1985号(金融財政事情研究会)
出版年
2014年
労働・社会保障判例紹介 育休から復帰後の業務変更と賃金減額の有効性[東京高裁平成23.12.27判決]
担当
佐藤慶弁護士
雑誌
民商法雑誌149巻6号(有斐閣)
出版年
2014年
労働・社会保障判例紹介 医師を臨床担当から外した行為が違法とされた例[大阪高裁平成22.12.17判決]
担当
佐藤慶弁護士
雑誌
民商法雑誌149巻6号(有斐閣)
出版年
2014年
経営者保証ガイドライン対応 中小企業融資と保全・管理
担当
今井和男弁護士・伊藤治弁護士・佐藤亮弁護士・林田健太郎弁護士・鈴木隆弘弁護士・北川泰裕弁護士・森謙司弁護士・山根航太弁護士
雑誌
銀行法務21 777号(経済法令研究会)
出版年
2014年
反社会的勢力を取り巻く社会情勢と事業者のリスク
担当
荒井隆男弁護士
雑誌
月刊KINZAI Financial Plan354号(きんざい)
出版年
2014年
Q&A労務 職場の性差別に係る規則とセクハラ指針の改正
担当
浜本匠弁護士
雑誌
商工ジャーナル472号(商工中金経済研究所)
出版年
2014年
反社か否かを「正面から問う」ことも場合によっては有効
担当
箭内隆道弁護士
雑誌
週刊金融財政事情3078号(金融財政事情研究会)
出版年
2014年
反社会的勢力による口座開設詐欺事件と銀行実務における留意点
担当
荒井隆男弁護士
雑誌
銀行法務21 774号(経済法令研究会)
出版年
2014年
弁護士による「法教育」の実践
担当
浜本匠弁護士
雑誌
月刊教職研修502号(教育開発研究所)
出版年
2014年
答えのない課題に"考え方"を提供
担当
浜本匠弁護士
雑誌
教育家庭新聞「キャリア教育座談会」2014年4月21日
出版年
2014年
主債務者が反社会的勢力であった場合の協会保証の有効性と金融機関の実務対応
担当
荒井隆男弁護士
雑誌
銀行実務662号(銀行研修社)
出版年
2014年
士業等が行う教育ボランティア (座談会)
担当
浜本匠弁護士
雑誌
東京CPAニュース685号(日本公認会計士協会東京会)
出版年
2014年
特集 反社会的勢力排除の実践~態勢整備と取引実例~ ①営業店内部の反社態勢の整備
担当
荒井隆男弁護士(共同執筆)
雑誌
銀行実務658号(銀行研修社)
出版年
2014年