虎門中央法律事務所

Publications執筆

当事務所では、各弁護士による執筆活動はもちろんのこと、これまで当事務所が取り組んできた事件処理の経験や実務ノウハウを生かし、下記のとおり当事務所編著による執筆活動を活発に行っております。

Q&A法務 賃借人の破産と賃貸人の破産
担当
浜本匠弁護士
雑誌
商工ジャーナル 2009年9月号(日本商工経済研究所)
出版年
2009年
担保対象としての保険と保険法改正
担当
板垣幾久雄弁護士 荒井隆男弁護士
雑誌
季刊 事業再生と債権管理 2008年秋号(金融財政事情研究会)
出版年
2008年
担保不動産収益執行の現状と課題
担当
有賀隆之弁護士
雑誌
季刊 事業再生と債権管理 2008年秋号(金融財政事情研究会)
出版年
2008年
保険法改正が債権管理・回収に与える影響
担当
今井和男弁護士
雑誌
季刊 事業再生と債権管理 2008年秋号(金融財政事情研究会)
出版年
2008年
深まる株主総会とIRの関係性
担当
今井和男弁護士
雑誌
IR-COM 2008年9月号(日本IR協議会)
出版年
2008年
Q&A法務 動産・債権譲渡特例法について
担当
正田賢司弁護士
雑誌
商工ジャーナル 2008年8月号(日本商工経済研究所)
出版年
2008年
最近の執行妨害をめぐって
担当
今井和男弁護士
雑誌
新民事執行実務 No.6(民事法研究会)
出版年
2008年
ますます求められる株主重視の総会運営
担当
今井和男弁護士
雑誌
ビジネス法務 5月号(中央経済社)
出版年
2008年
Q&A財務 株券の電子化で注意したい点
担当
正田賢司弁護士
雑誌
商工ジャーナル 2008年12月号(日本商工経済研究所)
出版年
2008年
倒産手続と保険
担当
中村克利弁護士
雑誌
季刊 事業再生と債権管理 2008年秋号(金融財政事情研究会)
出版年
2008年
回収対象としての保険と保険法改正
担当
加納誉弁護士 林田健太郎弁護士
雑誌
季刊 事業再生と債権管理 2008年秋号(金融財政事情研究会)
出版年
2008年
Q&A法務 契約準備段階での"交渉破棄"の責任は
担当
正田賢司弁護士
雑誌
商工ジャーナル 2007年8月号(日本商工経済研究所)
出版年
2007年
Q&A法務 商品売買等の契約書作成のポイント
担当
正田賢司弁護士
雑誌
商工ジャーナル 2007年8月号(日本商工経済研究所)
出版年
2007年
対話形式でリアルに再現 反社会的勢力対応マニュアル
担当
箭内隆道弁護士
雑誌
ビジネス法務 2005年11月号(中央経済社)
出版年
2005年
信託型ライツプラン導入にあたっての実務上の留意点
担当
今井和男弁護士
雑誌
金融法務事情 1744号(金融財政事情研究会)
出版年
2005年
連続対談ビジネス法務とロースクール教育~日本の再建にかかわる法律家としての実感~ (対談)
担当
今井和男弁護士
雑誌
法学セミナー 597号(日本評論社)
出版年
2004年
預金の帰属をめぐる最新判例と実務対応
担当
正田賢司弁護士
雑誌
金融法務事情 1686号(金融財政事情研究会)
出版年
2003年
最低売却価額制度の必要性
担当
今井和男弁護士
雑誌
金融法務事情 1694号(金融財政事情研究会)
出版年
2003年
企業倫理の確立に向けて
担当
今井和男弁護士
雑誌
経済Trend 2003年10月号(日本経団連)
出版年
2003年
座談会 担保・執行法制の改正をめぐる諸問題
担当
今井和男弁護士
雑誌
銀行法務21 624号
出版年
2003年
コンプライアンスの定着に向けて
担当
今井和男弁護士
雑誌
金融コンプライアンス 2003年2月号(金融検定協会)
出版年
2003年
座談会 担保・執行法制の見直しの課題と改正の方向性
担当
今井和男弁護士
雑誌
判例タイムズ 1094号(判例タイムズ社)
出版年
2002年
<特集>担保・執行法改正(中間試案)の概要と実務への影響
担当
今井和男弁護士
雑誌
銀行実務 518号(BSIエデュケーション)
出版年
2002年
不良債権回収過程における妨害事案と対応策
担当
有賀隆之弁護士
雑誌
リージョナルバンキング 1998年7月号(第二地方銀行協会)
出版年
1998年
価格減少行為に関する民事執行法 55条、77条の解釈と立法提言
担当
今井和男弁護士
雑誌
金融法務事情1528号(金融財政事情研究会)
出版年
1998年