虎門中央法律事務所

Practice Areas取扱業務

金融取引

当事務所では、継続的に銀行、登録金融商品取引業者等の金融機関からご依頼をいただき、各種ファイナンス取引(証券化その他ストラクチャードファイナンス、各種ローン、匿名組合契約その他国内外のファンド組成等)において、ローン契約、抵当権等の担保設定契約、債権者間協定等各種契約書類のドラフト、法律意見書の作成等を行っております。また、ファンド(ヘッジファンド、プライベートエクイティ、ベンチャーキャピタル等)のために、ファンド組成に関する契約書類(国内投資事業有限責任組合、海外リミテッド・パートナーシップ等)の作成やこれに関する法的アドバイスを提供しております。

エクイティ(株式、新株予約権等)、社債発行に関しては、「資金調達」の項目をご参照ください。なお、英文での書類作成にも精通しております。

また、当事務所では、金融商品取引法、銀行業法、信託業法等関連業法に関する法的アドバイスも提供しております。なお、当事務所の弁護士の中には、金融機関(銀行、証券会社、アセット・マネージャー等)への出向経験を有する弁護士もおり、実務を熟知した対応をさせていただいております。

当事務所の弁護士が関与した主な案件・実績

  • 不動産又はローン債権の証券化、キャッシュフローファイナンス、シンジケート・ローン等各種ファイナンス取引において、レンダー側、ボロワー側双方の代理人として、ストラクチャーの検討、分析、法律意見書の作成、契約書及び関連書類の作成・チェック等に関与してきました。
  • ノンリコースローンや資産流動化法上の特定社債のデフォルトに際して、信託受益権質権の私的実行・法的実行や一般担保権の法的実行(不動産競売、賃料差押え)も駆使した債権回収を手がけております。また、直接的な債権回収の他にも、アセット・マネジャーのキックアウトなどを用いたリストラクチャリングの立案、検討、変更覚書の作成等も行います。
  • 投資ファンドを代理して、上場会社への投資(業務資本提携)に関する契約書作成、交渉、関連法令や取引所規則等に関するアドバイスを提供しました。
  • 不動産投資を行う投資ファンドに関する投資スキームに関するアドバイスの提供、匿名組合契約等各種契約書の作成、交渉を行いました。
  • 太陽光、風力、バイオマス、地熱等の再生可能エネルギーによる発電プロジェクトにおいて、レンダー側、ボロワー側、アレンジャー側の代理人として関与しております。
  • 資産流動化法に基づく特定目的会社(TMK)を用いた不動産流動化スキームの組成、不動産特定共同事業法に基づく不動産小口商品化の組成にも関与しております。

主な論文・著作 [書籍]

主な論文・著作 [雑誌]