虎門中央法律事務所

Memberメンバー紹介

弁護士箭内 隆道Takamichi Yanai

所属弁護士会:東京弁護士会

入所直後からいわゆる民暴事件、執行妨害事件を主に担当し、根気強く且つ負けない交渉の姿勢、執行法・保全法による強制力を駆使した事案の解決を身につける。反社会的勢力対応が社内体制整備の問題となるにつれ、同種案件にとどまらず企業コンプライアンス案件全般を数多く対応するようになり、企業不祥事対応、内部管理体制構築、IPO支援を担当している。また、顧問先企業の関係では、金融法(主にリース)、建築法規、環境法令(廃掃法、土対法、温泉法など)の取扱が多いとともに、親族相続問題をはじめ、顧問先企業の方の個人的なご相談についても常時対応している。2016年、法務省から対象国をインドとする「日本企業及び邦人を法的側面から支援する方策等を検討するための調査研究業務」を受託して同年7月からインドに滞在。2018年4月に当事務所へ復帰。

1994年3月早稲田大学法学部卒業
2000年10月東京弁護士会登録、当事務所入所

主な活動

  • 東京弁護士会民事介入暴力対策特別委員会(2003年4月~2009年3月)
  • 日本弁護士連合会代議員(2006年3月~2007年2月)
  • 東京弁護士会常議員(2006年4月~2007年3月)

担当したセミナー